Title

建築家が考えるインテリア(アルヴァ・アアルト編)

Date
2021-04-08

建築とインテリア。

住宅を建てる上で切っても切れない両者。

それを証明している建築家の一人、アルヴァ・アアルト。

彼の建築は、理想の住宅とは、そこで暮らす人びとの暮らし方にあった間取り、生活に寄り添う家具、空間を演出する照明、目や肌で楽しむ素材など、いろいろな要素を融合して出来上がるものだと教えてくれます。

アルヴァ・アアルト(1898-1976)は、フィンランドのクオルネタに生まれました。世界的な建築家であるとともに、北欧家具の代表的なブランド「アルテック」の創業メンバーでもあるデザイナー。彼は生涯、200を超える建物を設計し、そのどれもが有機的なフォルム、素材、そして光の組み合わせが絶妙な名作として知られています。

今回はアアルトの建築の代表作、アアルト自邸をご紹介させていただきます。

アアルト自邸

ヘルシンキ中央駅から北西へ5km。アアルトの自邸は緑豊かな閑静な住宅地にあります。フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルトが妻アイノ・アアルトと共に1936年に設計し、以後40年に渡り暮らした住宅。

白ペンキのレンガに、ダークブラウンの羽目板の2層の外壁。間伐材などの安価な木材を使って建てられた典型的なフィンランドの住宅デザインです。 けれど、一歩中に入れば、広々とした中庭を望む大きな窓のある明るいリビングがぱっと広がります。

自然光が差し込む北欧らしい空間

アアルト自邸は上から見るとL字形の建物になっており、中央のリビングルームの西側には2層吹き抜けのスタジオがあります。リビングとスタジオの間仕切りには、大きな木製のスライドドア。日本を訪れたことはないというアアルトですが、ところどころに組み込まれた障子やふすまなど、日本の文化にインスピレーションを受けていたようです。

庭に開かれた南側の窓から陽の光が差し込み、緑が白い天井に反射し明るいリビング。ここにも日本のすだれが 日よけに使われています。

アトリエと居間は引き戸でつながっています。床の段差をうまく使い、空間につながりを持たせつつ、別の空間としてゾーニングされています。

南西に向いたコーナーウィンドウからは、外の公園もみえるとか。またラジエーターが窓下に設置されていて、寒さの厳しいフィンランドの冬も寒くありません。

階段を上がりの暖炉のあるホール。ここを囲むようにベッドルームや子供部屋が配置され、家族が集まる温かな空間を常に意識したような間取りになっています。

自邸から分かるように、建築は家具と補完し合うものと考えていたアルヴァ・アアルトは、自身が設計した建築に合わせ、家具のデザインも手掛けています。1931 – 32 年、パイミオのサナトリウムのために開発した最初の家具デザインは世界的な注目を集め、1935年、アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがデザインする家具、照明器具、テキスタイルを世界的に販売することを目的にアルテックを創業しました。

アアルトデザインの家具達

STOOL 60

アルヴァ・アアルトが1933年にデザインした「スツール 60」。アルテックを象徴するデザインのひとつであり、スツールとして、サイドテーブルとして、ディスプレイ台として、 あらゆる使い方ができる汎用性があります。豊富なカラーと仕様のバリエーションも豊富。 あらゆる環境に馴染むシンプルで普遍的なデザインは、今もなお、世界中で愛され続けています。

 Armchair 400 “Tank”

アルヴァ・アアルトによりミラノトリエンナーレの展示のためにデザインされ、見事、賞を受賞した <400 アームチェア タンク> 。バーチ材の合板を滑らかに曲げ、かつ、まるで無垢材のように美しく仕上げる「ラメラ曲げ木」という技法により形作られた肘掛けとフレーム、そして重厚で威厳ある佇まいから、「タンク(戦車)」の愛称で親しまれています。「ラメラ曲げ木」による太く厚みのあるフレームは、柔らかくしなり、腰掛ける人の体を優しく受け止めます

Pendant_Light_A331_Beehive

アルヴァ・アアルトによる照明の代表として、今もなお「蜂の巣」の愛称で親しまれています。 存在感あるデザインと柔らかな光は、住宅だけでなくレストランやカフェ、公共の空間にも馴染みます。蜂の巣形のシェードの隙間に層のごとく差し込まれるスチール製のブラスメッキリングには等間隔に穴が刻まれ、その工夫により光の直接的なまぶしさは軽減され、柔らかく空間を照らし出します 。

実際に アアルト自邸に置かれている多くの家具は彼のデザインです。 ”建築は家具と補完し合うもの ”というアアルトの建築や家具は、平面も断面も計算し尽くされた丁寧なデザイン 。それを利用する人々の生活に寄り添ったデザインだからこそ、長く愛されているのです。

出典:Artec

https://hash-casa.com/

Masatomo Ogasawara Architects